身体を大切にすることは存在を大切にすること

身体を大切にすることは存在を大切にすること

だと、私は思っているのだと、気がつきました。

もちろん、その人の存在を大切にするのは、身体だけを大切にしていたらいいわけではないけれど、

何かしようと思っても、身体が整っていなかったらうまくいかないことがある

ということを、私自身の体験を含め鍼灸師として身につまされるから

天候によって身体がだるい、頭痛がする、
夜にぐっする眠れなくて、朝に疲れが残り、日中もイライラ
アレルギーで皮膚がかゆくて落ち着かない
腰痛・ぎっくり腰で動けない、

こんな身体の不調があったら、やりたいことがあってもできなくなってしまうものね。

自分がなりたい未来のために、身体を整える一つのお手伝いの方法として、小児はり・鍼灸は素晴らしい♡と思っています。

私自身が、その人のよさをたくさんたくさん発揮して生きていってほしい、自分という存在のかけがえのなさをしっかり感じていてほしい。

そういう思いがあるのだな~と思っています。

アーカイブ